技術情報

ホーム 技術情報 当社技術資料

当社技術資料

当社保有の新技術・新工法

国内の橋梁構造物等の社会基盤施設は、様々な要因の経年劣化・老朽化への対応、大規模地震に対する耐震性の確保等が求められます。

当社は、アセットマネジメントの観点から、既存構造物の延命・更新に対する研究・開発を行っております。

PC&PA工法

河川内の橋梁等において締切り工が不要な耐震補強工法です。

PC鋼線で繋がれた橋脚はそれぞれが引っ張り合い、支え合います。地震時には、柱付根の負担を軽くし、耐震効果の高い工法です。

MAC工法

供用しながら損傷している支承を取替え、延命化を図る工法です。

施工前

施工後

MAR工法

既設橋梁の剛性を上げることにより、4つの効果が得られる工法です。

施工前

施工後